税理士試験 ~4年目 簿記論× 消費税法×~

こんばんは。
今日は台風の影響からか、1日どんよりと曇っていて、午前中は雨が急に降ったり不安定な天気でした。

2014年、4回目の挑戦はおなじみの簿記論と、以前途中でフェイドアウトした消費税法でした。
簿記論は今回も懲りずに独学でした。
消費税法も以前のやり方とあまり変わりませんでしたが、今回は理論マスターを暗記しました。といっても、達成度としては、柱(タイトル)を見れば内容がスラスラいえるという感じで、予備校では問題を見たときに柱挙げができるようにといわれますが、私はその域には達せませんでした。今思うと本当に中途半端な挑戦です。

会場は幕張メッセでした。2年前にも来ましたが、最寄駅からの道は広大できれいに整備されていて、時期が夏休み真っただ中ということもあって小旅行に来たような気持ちのいいところでした。
幕張メッセは中に大きな会場がいくつもあるのですが、税理士試験の会場から少し離れた会場ではイベント(確か宇宙博だったと思います)が開催されていて、消費税法の試験が始まるまでの時間を会場外の広場のようなところで過ごしたのですが、宇宙博目当てと思われる家族連れが行きかう姿に、世間は夏休みを満喫しているなとうらやましく思ったものです。

結果は簿記論、消費税法ともに不合格でした。
客観的に考えると不合格の理由がいろいろと挙がりますが、3年も合格科目がないとなるといったんこの負の流れを変えたくなり、今まで何となく頭の片隅にあった大学院への進学を真剣に考えるようになり、院試まで時間があまりありませんでしたが年末にはダメ元で受けてみようと決めました。
大学院に行くのであれば、せめて必須科目の簿記論は取っておきたかったなという思いはありました。また、大学院に行って2科目免除を取得したはいいけれど、残りの科目がいつまでたっても合格できなかったらどうしようという不安もなくはありませんでした。
しかし、元来考えるより行動する性格なのと、事務所の所長先生にかねてから大学院進学を勧められていたこともあり、あまり深く考えずに院試を受験することを決めました。

これまでも気持ちの上では税理士になりたいと強く思って勉強してきたつもりでしたが、この頃から急激に税理士資格取得に向けてエンジンがかかったように思います。

~Today’s Note~
先日、横浜のみなとみらいに行ってきました。天気も良くとても気持が良かったです。
久しぶりにインターコンチネンタルホテルに行きましたが、その裏手に高層マンション群が軒並み建っていてびっくりしました。
開発のスピードが速く、少し見ぬ間に景色はどんどん変わっていきますね・・・
(写真は海側から見たインターコンチネンタルホテルです)

0

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です